「フランドルの四季暦」はすごく美しい四季の本でした

すこし前に買ってきていて、ながらく読めていなかった本を読みました。

「フランドルの四季暦」という本です。作者はマリ・ゲヴェルスというベルギー文学の代表ともされる作家。

447564

なぜこの本にひかれたかと言うと、まずはその表紙の美しさからでした。荒々しいような、フリーな草花のスケッチ。

植物の逞しさを感じさせるけど、それでいて華奢で繊細な空気感も伝えてくれる装丁。目を引かれて手に取ると、帯に作家・梨木香歩の言葉が寄せてあって、梨木ファンの私にはビンゴでした。梨木香歩は自然や植物が体の一部になっているかのような作家で、彼女のフィクション小説には大地と植物の匂いがあふれています。そんな彼女がリコメンドする作品なら、絶対に当たりだな、そう思って迷わずハードカバーをゲットしたのが、新刊だった去年の事。

読み始めて、びっくりしたのがその緻密な描写です。草むらの下にひそんだ虫レベルの視点で、季節の移り変わりがこれでもかというくらい緻密さに彩られて表現されています。

外国文学を翻訳する際には、その言語特有の表現や言い回しがネックになるのだと思いますが、それらを凌駕して、植物を人格化したユニークな文章を日本語として読めるものにしてあるという事に驚きました。開いたページの全体が目に入った時、ちりばめられた色合いの表現が無数の漢字の多彩な点在となって一度に目に飛び込んでくるので、白黒のページがまるで色とりどりの刺繍のように錯覚します。また、ほとんどのページに、表紙と同じタッチの鉛筆画の植物がランダムにページの一部を縁どっていて素晴らしく美しいです。

5ページも読むと、うつくしい絵画を見た気分になって気持ちよく別世界で療養したような間隔に浸れました。

今年のゴールデンウィークの効率的な過ごし方

今年のゴールデンウィークは、土日祝日が休める職場の場合、金・土・日の3連休、火・水・木曜日の3連休、土日の連休と3分割されている形です。月曜日と金曜日は平日ですが、東京や大阪など大都市周辺の会社の大半では、社員の何割かは有給休暇を取るでしょうし、出勤しても大きな仕事はできず、業務効率も悪いです。いっそのこと国主導で有給休暇取得促進日に指定してくれればいいのにと思う今日この頃です。

ゴールデンウィークには、帰省と観光旅行のどちらか、またはどちらも行きたいと思っています。最近、外国人観光客が多くなった影響か、全国的にホテルの予約が取りづらい状況が続いていて、連休となるとなおさらです。

某著名宿泊予約サイトでゴールデンウィーク中の予約状況を検索してみました。飛び石の平日とその前日、つまり5月1日・2日と5月5日・6日は比較的予約が撮りやすい状況でした。ゴールデンウィーク前半と中盤の3連休は、人気の行楽地や大都市周辺はどこも宿泊予約は困難です。この結果を見ながら、ゴールデンウィークを効率的に過ごす名案が浮かびました。

135884

思いついたのは、週の真ん中の3連休は帰省をして、前後各1日か2日を観光旅行にあてるプランです。これだと、混雑を避けて観光旅行を楽しめる上、混雑がピークとなる中盤の3連休は、土地勘があり宿泊も保証されている帰省先で過ごせるのでストレスがありません。残りの日は、たまった家事にあてるか休養にあてることにします。

問題なのは、ゴールデンウィーク中の平日にうまく有給休暇がとれるかどうかです。有給休暇が取れなかった場合は帰省だけ、取れれば観光と帰省の一石二鳥の旅が実現できます。直前の有給休暇申請が許可されることを祈りたいと思います。

私の趣味はお着物です!

物の着付けを習っているのですが、先日初めて「お太鼓結び」を習いました。

着物を着ているを見ると、ほとんどあの四角いお太鼓結びですよね。カジュアルな着方だったら浴衣などに締める半幅帯でも大丈夫なのですが、

お太鼓だと帯締め、帯揚げ、帯枕など色々小物も増えて大変に思えますがその分、色使いも増えて楽しいです!

446931

わたしはアンティークのカラフルな着物が好きで、古着屋で買った昔の着物を何着か持っているのですが、昔の人は今よりも身長の低い人が多かったので、着丈などが短いものがやっぱり多いのですね。

わたしは153センチと今の平均から考えると小柄ですが、やっぱりちょっと小さいものも多くって(基本的に、自分の身長の長さ、もしくはそれより5cm程長いものが理想だそうです)

短い着物は、おはしょりを出さずに着付けます。おはしょりを出さないとちょっと着崩れやすかったり、崩れた時に直しにくかったりするので慣れるまで大変ですが
気に入ったアンティークでどうしても着たいものがあれば、呉服屋さんに持っていくとリメイクして少し長くしてもらえたりするようです。

まだあまり着物を着て出かける機会もあまりないのですが、着慣れてきたら着物を着て喫茶店やら行ったり
鎌倉などでお散歩したり、ちょっとしたお出かけ着みたいに着物でお出かけできるようになりたいなぁと思っています。
夏になったら浴衣もいいし、一枚自分のサイズに合った浴衣とかも仕立ててみたいです。

ジョギング好きに多いひざ痛の症状

ランナー膝と呼ばれる症状は、マラソン等走行距離の長いスポーツでかなりの長距離を走って膝を酷使することで、膝の外側を覆う靭帯に過剰な刺激が結果的にかかってしまうことが主な要因となり出現するかなりやっかいな膝の痛みのことです。
膝の周りに痛みを引き起こす理由により、どんな治療技術を使うかは変わりますが、猫背や体重の増え過ぎ、生活習慣が頑固な膝の痛みを生み出しているという場合も結構よくあるようです。

長きにわたって辛い思いをしてきた頑固な肩こりを解消することができたその大きなきっかけとは、結局インターネットで検索して自分に合った良い治療院を発見するのに成功したことです。
親指が変形してしまう外反母趾の治療を行うにあたって、保存療法を実行しても痛みの度合いが強いか、とんでもなく変形していてよく売られている靴に足が入らないという人に対しては、結局のところは手術療法を採用する事態になります。

Print

信じがたい内容ですが、痛み止めが気休め程度の効果しかなく、数年もの間辛い思いをした腰痛が、整体で治療することによって目に見えて回復したといったケースが普通にあります。

保存療法と言われるものは、手術による治療をしない治療ノウハウのことで、大抵の場合は慢性化していない椎間板ヘルニアは、保存的加療で治療しても30日近く行えば激痛は軽くなります。
あなたは、「膝周辺がうずく」と実感した経験はお持ちでしょうか。察するに1回は記憶にあるのではないかと思います。実際のところ、深刻な膝の痛みに弱り果てている人はかなり大勢いるのです。

最近は、メスを入れたり骨を切ったりというようなことを行ったというのに、入院しなくてもいいDLMO法と呼ばれる手術も広く知られており、外反母趾の治療法の一つの手段に挙げられ受け入れられています。
背中痛につきまして、街中の専門医院に依頼しても、素因について納得の説明が貰えないなら、整体であるとか鍼灸院といった東洋医学の力を借りて治療を実施してみるのも良いでしょう。
私共のクリニックの実績では、ほとんどの方が鍼灸治療を6~7回実施することにより、頚椎ヘルニアが元凶となっている腕部のしびれを始め悩みの種だった首の痛みを元の状態に戻しています。何とか時間を作って、トライしてみると良いですよ。

動かないようにして寝ていても発生するつらい首の痛みや、ほんの少し動いただけでも激しい痛みに襲われるのであれば疑うべき病気は、「がんの転移」や細菌が背骨に感染して起こる「感染症」です。速やかに医療機関を受診して医師に診てもらった方がいいでしょう。
変形性膝関節症というのは、膝の関節を保護する軟骨がすり減ってしまったり、壊れやすくなって変形してしまったりする慢性病で、中年以上を悩ます膝の痛みの主原因として、たくさんある病気の中で一番多くみられる障害と言えます。

ロキソニンやボルタレンは腰痛にも使える鎮痛剤

下肢がしびれたり痛んだりする椎間板ヘルニアの治療に薬を用いる場合、ロキソニンやボルタレンのような鎮痛剤等色々なものが処方されますが、病院のような医療機関で出現している症状を正確に見定めてもらうことがまず重要です。
意外に感じられる人も多いと思いますが、実を言うと坐骨神経痛を治すための治療薬というものは存在せず、使われるのは痛みを鎮める消炎鎮痛剤やブロック注射を行うなど対症療法と言ってもよい薬しか選択肢はないのです。

辛い腰痛は「痛いところを温めるべき?」「冷やすのが正解?」「いきなり痛くなったら?」など、経験のない人が不安に思うようなことや、誰もが思い至る質問だけでなく、症状に合った病院の選び方など、役に立つ知識をご覧いただくことができます。
椎間板ヘルニアの治療においては、保存的療法を用いることを治療の基本としますが、約3ヶ月継続しても良くなる傾向がなく、暮らしがし辛くなることになったら、手術の実施も積極的に検討します。
真剣に腰痛の治療を開始しようと思っているなら、様々な治療方法の良い面と悪い面を見定めて、今現在の自分自身の症状に対応してより適していると思われる方法をチョイスしましょう。

112278

通常、慢性化した肩こりや吐き気をともなう頭痛の完全な解消のために忘れてはいけないことは、きちんと栄養バランスのとれた食事と良質な休息を取得してイライラを減らし、心と身体両方の疲れを取り払うことです。

テーピングとは、足指に変形が生じる外反母趾を手術の選択をせずに治療する非常に効果の高い治療のやり方であり、数万人もの膨大な臨床例より「保存的な療法の定着」という事は間違いないと思われます。
病院で受ける治療の他にも、東洋医学に基づく鍼治療によっても継続的な非常につらい坐骨神経痛の痛みが僅かでも良くなるのであれば、まずは経験してみたらいいのではないかと思います。

背中痛となり症状が見受けられる要因としては、尿路結石とか鍼灸院などが候補になりますが、痛みの場所が患者にもいつまで経っても判別できないということも少なくありません。
睡眠についても肩こりには想像以上に強い影響を与えており、眠る時間の長さを見直してより良いものにしたり、使用中の枕をもっといいものに変えたりしたことで、肩こりが解消したという口コミもあちこちで聞こえてきます。

肩こりを解消するグッズの中には、お手軽にストレッチができるように作られている製品を筆頭に、肩を温めて血流を良くするように考えて作られている優れものまで、幅広いバリエーションがあるので色々試してみてはいかがでしょうか。

外反母趾治療のための運動療法という筋肉を動かす療法には、通常その関節を動かす筋肉を利用して自力で関節を動かす運動と、別の部位の筋肉や他動運動機器、専門の作業療法士等、自分以外の力を借りて自分で動かせない関節を動かしてもらう他動運動が見受けられます。
頚椎ヘルニアのいくつかある治療法の中で、保存的療法につきましては、マッサージを筆頭とする理学的療法であったり、頚椎牽引療法と言われるものが存在します。自身にちょうどいいものをセレクトしなければ、時間ばかりが掛かってしまいます。

神経あるいは関節に根差している場合に限らず、例えて言うと、右側の背中痛のケースでは、驚くことに肝臓がひどい状態になっていたなんてことも少なくはありません。
手術を行わない保存的な治療法で激痛が快方に向かわないことがわかった場合や、激痛やしびれなどの悪化や進行が判断できることが明らかになった時には、頚椎ヘルニアの症状を改善するための手術による外科的治療が実行されます。

外反母趾の治療方法にはどんなものがあるの?

外反母趾の治療の際に、最初にすべきことは、足になじむ外反母趾専用インソールを手に入れることで、これのおかげで手術を選択しなくても治る喜ばしい例はいくらでもあります。
長い間いつも悩みの種であった頑固な肩こりを解消することができたきっかけとなったのは、何はともあれネットの情報によって自分の症状に相応な安心して任せられる治療院に出会うことができたという以外に考えられません。
年齢が高くなるほど、困る人が倍増する不快な膝の痛みの原因の大半は、すり減って薄くなったひざ軟骨によるとされていますが、一旦磨り減って薄くなった軟骨は、金輪際復元することはありません。


つらい外反母趾の治療を行う際に、保存療法を選んでも痛いままか、変形が思った以上に酷くて一般の靴を履くのが難しいという方には、結果的には手術の選択をするという手順になります。

眠りも肩こりの程度に相当な影響があり、睡眠の質を身体に負担がかからないようにしたり、普段使っている枕をきちんと設計されたものにチェンジしたりしたことで、肩こりをすっきり解消できたなどの情報も結構よく耳にします。

イラスト縦

容易には信じられないと思いますが、痛みを止める薬の効果が非常に薄く、長期間悩みの種であった腰痛が、整体院で治療してもらうことによって大幅に回復したという事例がよくあるようです。
激しい腰痛に陥っても、大抵の場合はレントゲン分析を行い、痛みを和らげる薬が処方され、安静の保持を勧告されるのみで、効果的な方法を導入した治療が受けられるという事例はなかったといっても過言ではありません。
医療機関の専門医に「治療を続行してもこのレベル以上は良くなることはない」などと言われてしまった進行した椎間板ヘルニアのきつい痛みが沖縄で生まれた骨格調整を取り入れただけで大幅に回復しました。

頚椎ヘルニアの場合は、手術とか薬剤、整体院で施術されている治療法を用いても、回復することはあり得ないと言われる方もいるのは事実です。だとしても、実際には回復したという人も沢山います。
椎間板ヘルニアのヘルニア部分で起きている炎症を抑止しているのが実際の状況ですので、治療の終了後も背中を丸める姿勢になったり油断して重いものをピックアップすると、激痛が悪化する可能性が高くなります。

外反母趾治療のための手術のノウハウは数多くあるのですが、極めて一般的なものは、中足骨で骨の一部を切り、親指の向きを調節するやり方で、変形の進行具合によってやり方を選定して実施するという事になっています。
背中痛や腰痛のケースは、こらえきれないような痛みや何となくの痛み、痛みが発現している位置や何時間痛みと戦っているのかなど、患者自身でしか感じられない疾病状態が多くを占めるの、診断が容易ではないのです。

椎間板ヘルニアとはどんな病気?なると辛いの?

様々な辛い症状が現れる椎間板ヘルニアを治療するにあたっての目的は飛び出したヘルニアを押し戻すことというわけではなく、その場所に起きている炎症を排除することだということを忘れないでください。

長年悩まされている頚椎ヘルニア持ちの人が、整体を利用してみるべきかどうかは、状況次第ですが、治療完了後の機能回復や予防をしっかり行うという狙いであれば、ベターな選択であると思います。


麻酔や出血、長く続くリハビリや懸念される後遺症といった、これまでの手術法に関する色々な問題をしっかり解決したのが、レーザー光線を用いたPLDDと呼ばれる方法による椎間板ヘルニアの新しい治療法です。

スマホ、PCのやりすぎによる蓄積した眼精疲労によって、耐え難い肩こりや頭痛に襲われることもあるので、慢性化した眼精疲労を解消して、つらい肩こりも我慢できない頭痛も完全に解消してしまいましょう。
専門医による治療の他、鍼を利用した治療によってもいつもの大変つらい坐骨神経痛の痛みや麻痺などの症状が良い方向へ行くのであれば、一時的にでもやってみるのも悪くないと思います。

外反母趾の有効な治療方法の一つとして、手を使って行う体操も、親指に幅広の輪ゴムを引っかけて行うホーマン体操も、自分の力で実施するのですが、外部からの力を借りた他動運動ということになるので効率的な筋力強化は期待すべきではないことを知っておいてください。
ズキズキとした膝の痛みに効果的なコンドロイチンという名の栄養素は軟骨に含まれるムコ多糖類の一種で、一つ一つの細胞に栄養素や水分をもたらす役目がありますが、体内でのコンドロイチンの生産量は年齢を重ねるとともに大幅に減ってきます。

458203

頚椎ヘルニアにより発症する手の痺れ感と言うものや首の痛みについて、整形外科で治療をしてもらったにも拘らず全くと言っていいほど回復しなかった人見逃さないでください。こちらの方法によって、長年苦しんでいた方が長い間の苦悩から解放されました。
多数の患者さんを悩ませている腰痛の治療については、病院で最新の技術による機器や薬を利用して行われる治療から効果の証明されている代替療法まで、本当に多彩な技術が伝えられています。
腰痛の原因の中で最も重症度が高い腰椎椎間板ヘルニアのいくつかの治療方法のうち、鍼灸マッサージ、カイロ等の代替医療と言われる治療で背骨の周辺が圧迫されることになって、ヘルニアが悪化・進行したケースも存在するので、気をつけなければなりません。
腰痛についての知見が進歩するに従い、なかなか治らない腰痛の治療の仕方も10年前と比べると本当に変革されてきたので、あきらめの境地に達してしまった人も、何はさておき整形外科に問い合わせてみましょう。